伝統的風水によって、本当に国立小学校の抽選通過確率は上がるのでしょうか。


国立小学校受験される方にとって抽選はつきものです。

筑波大付属小学校においては、
約2倍の抽選で当たった後にようやく試験を受けることが出来ます。
そして、試験を合格した後、更に約1.5倍の抽選を通過して、
晴れて合格となります。
準備しなくては試験はなかなか難しい試験ですが、
抽選に当たらなければ試験さえ受けさせてもらえません。
ここが国立小学校受験の厳しい現実です。
日々、ちぎり、クマ歩き、ペーパーなどの練習を重ねて本番に向かって
子供と共に努力されると思いますが、

抽選ばっかりはどうにも。。。ではくじ運をあげるために、一日一膳実行して得を積みましょうか。
大当たり目指して、当日までクジ・抽選と名の付くものを避けましょうか。

我が家でも筑波目指して日々の試験対策に加え、伝統的風水を実行しました。
①常に部屋を整理整頓し、ゴミを貯めない。
②伝統的風水、頭派より、玄関に川の流れる写真を飾りました。
 幸い、部屋の角がすべて面取りしてあったので、殺気は少ないと思います。

伝統的風水 巒頭派 角

伝統的風水では、壁の角は殺気をうみます。


ご興味ある方はhttp://elearning.co.jp/?page_id=10140

筑波大附属小学校 抽選 クジ

筑波大附属小学校 一次抽選合格

 


▼伝統的風水を実践するWEB講座
色の法則基礎講座

下記の購入ボタンをクリック後、支払い方法を選択し、画面の指示に従ってお進みください。

伝統的風水を実践するWEB講座 365日間 3,000円(税込)
【今すぐ購入する】