UDC濱野太郎のBASEBALL RULE講座


【UDC濱野太郎のBASEBALL RULE講座 講座概要】

野球のルールは審判員だけが精通していればいいそう思っている方がほとんどだと思います。勿論、審判はルールを知らなければならないのは当たり前です。しかし、ルールを良く判っていないために走者が進塁してしまう、得点を失う、試合に負けてしまうということもあると思います。ルールを知ることで試合を有利に運ぶことができます。また、一般のファンの方もルールの奥深さを知っていただくと、より一層野球を楽しく見ることができると思います。

 日米でプロ野球審判を12年務め、UDCルールクイズの執筆者である濱野太郎が、複雑な野球ルールをできるだけ分かりやすく、楽しく説明します。

【UDC濱野太郎のBASEBALL RULE講座 サンプル講座】





【UDC濱野太郎のBASEBALL RULE講座 ログインフォーム】

はじめての方・・・下記【初めて利用します。(ユーザ登録を行う)】をクリックしてください。下記ソーシャルメディアアカウントをお持ちの方は、それぞれのボタンからでもユーザ登録頂けます(入力項目が少ないので簡単に登録できます)。ユーザ登録頂くと、たくさんのサンプル講座をご覧頂けます。

ユーザ登録がお済みの方・・・ID、PASSをご入力後、ログインボタンをクリックでログイン頂けます。下記ソーシャルメディアアカウントをお持ちの方は、それぞれのボタンをクリックするだけでログイン頂けます。

【講師  濱野太郎 プロフィール】

1996年~2003年セントラルリーグ審判員。2006年一念発起してジム・エバンス審判学校に挑戦。ルールの筆記試験では受講者130人中の一位の平均点で審判学校の選考を通過、PBUCキャンプ(マイナーリーグの審判採用試験)でマイナーリーグ審判員資格を取得。2007年~2010年米国マイナーリーグ審判員。
2000年イースタン・リーグ優秀審判員
2010年ミッドウェスト・リーグオールスターゲーム及びチャンピオンシップシリーズ出場

現在は野球審判の地位向上を目指すNPO法人Umpire Development Corporationインストラクターとして会員から寄せられる質問の回答や、野球ルールに関するコラム執筆を担当。

監修書籍・DVD(UDCとして)
『わかりやすい軟式野球のルール』(成美堂出版:2013年)
『少年野球審判のコツ60』(メイツ出版:2013年)等
『これでできる!ルールも分かる!野球審判バイブル』(UDC/ジャパンライム)

[ウェブサイト]
Umpire Development Corporation
http://www.umpire-dc.org/

【受講対象者】

あらゆるレベルの野球審判員。
監督・コーチなどの野球指導者
ルールの奥深さを知りたい野球ファン等。

【価格】

第1章 打者と打者走者のルール 4,500円(税込)

※第2章以降は鋭意作成中です。

【目次】

第1章 打者と打者走者のルール

講座ガイダンス(学習の進め方)
講座ガイダンス(UDCとは)
捕手と打者走者の「出会い頭」
スリーフィートレーン
打席から足が出た!
いわゆる「振り逃げ」
捕手への妨害
捕手の打撃妨害
打席に入らない打者
一塁を駆け抜けてから
打順間違い
DHルール
その他、よくある質問

【講座収録時間】

第1章 打者と打者走者のルール 約6時間30分

【受講可能期間】

180日

【ユーザ登録方法】

ユーザー登録

1 下記【ユーザー登録】をクリックしてください。(下記ソーシャルメディアアカウントをお持ちの方は、それぞれのボタンからログイン頂けます)

2 利用規約を確認の上、【同意する】をクリックしてください。
3 [名前] [E-mail] [連絡先電話番号] を入力して【確認】ボタンをクリックしてください。
4 登録情報を確認の上、【登録】クリックしてください。

ID、パスワードでログインする

1 登録完了メールが送られてきます。
メール内に記載されているURLをクリックすると【ログイン画面】が表示されます。
2 ログインID、パスワードを入力して、【ログイン】をクリックします。
(ID・Passを保存をチェックすると次回から自動入力されます)
3 サンプル教材をご覧頂くことが可能です。

ご購入手続きの流れ

下記の購入ボタンをクリック後、支払い方法を選択し、画面の指示に従ってお進みください。

第1章 打者と打者走者のルール 180日間 4,500円(税込)

【今すぐ購入する】

学習をスタートする

1 下記ログインフォームより、無料体験、購入手続きの際に使用した、ID、パスワードでログインします。

2 購入済みの各講座をクリックして学習をスタートしてください。

撮影したパンダスタジオ

パンダスタジオ本店(秋葉原)