eラーニングコンテンツ

法令上、原則としてボイラー技士でなければ取り扱うことができない ボイラーは、次のうちどれか。

2級ボイラー技士 講座
http://www.elearning.co.jp/user/resp-ui/scoList/2/0/446/150/

法令上、原則としてボイラー技士でなければ取り扱うことができない ボイラーは、次のうちどれか。

(1)伝熱面積が14m2の温水ボイラー

(2)胴の内径が750mmで、その長さが1,300mmの蒸気ボイラー

(3)内径が500mmで、かつ、その内容積が0.5m3の気水分離器を有し、伝熱面積が40m2の貫流ボイラー

(4)伝熱面積が3m2の蒸気ボイラー

(5)最大電力設備容量が60kWの電気ボイラー



2級ボイラー技士 講座

Fcaebookページでも情報発信中!

「eラーニングをすべての人に!」
株式会社キバンインターナショナル KiBAN INTERNATIONAL CO.,LTD.
Web : http://elearning.co.jp
E-mail : international@kiban.jp
担当:記事