eラーニングコンテンツ

温度及び圧力について 【公表問題 平成26年後期】

2級ボイラー技士講座

二級ボイラー技士講座

問1 温度及び圧力について、誤っているものは次のうちどれか。

(1) セルシウス(摂氏)温度は、標準大気圧の下で、水の氷点を 0 ℃、沸点を 1 0 0 ℃と定め、この間を1 0 0 等分したものを 1℃としたものである。
(2) セルシウス(摂氏)温度 t [℃] と絶対温度 T[ K ] との間には T=t + 2 7 3 の関係がある。
(3) 7 6 0 mmの高さの水銀柱がその底面に及ぼす圧力を標準大気圧といい、1 0 13 hPA に相当する。
(4) 圧力計に表れる圧力を絶対圧力といい、その値に大気圧を加えたものをゲージ圧力という。
(5) 蒸気の重要な諸性質を表示した蒸気表中の圧力は、一般に絶対圧力で示される。



2級ボイラー技士 講座

Fcaebookページでも情報発信中!

「eラーニングをすべての人に!」
株式会社キバンインターナショナル KiBAN INTERNATIONAL CO.,LTD.
Web : http://elearning.co.jp
E-mail : international@kiban.jp
担当:記事