eラーニングコンテンツ

第29問 CCMの人間行動随伴性(PMP受験のための35時間PM講座(第5版))

クイズで学ぶプロジェクトマネジメント第29問
CCMの人間行動特性
問題文は動画を適宜停止するなどして読み進めてください。
ではスタートします。
解説に入りましょう。

文章が多くなってしまいましたが、一つ一つ見ていきましょう。
クリティカルチェーンメソッドCCMではですね、
技法ばかり注目してもダメなんですね。
で、その考え方というかあるいはその
そういうものを投入する場合に統一しておく、浸透させておくということが必要です。
人間特性理論を考慮した管理。
クリティカルチェーンでは人間の問題行動が排除されるよう配慮する
ということなのですね。
ここに、1,2,3,4,5,6、と6つ実際は5つです。
けれども最後は管理方法ですからね。
見ていきましょう。
マルチタスクなし、その時はひとつの 作業に集中するよう保証する
集中して下さいということなのですねA作業B作業やらない
A作業のみやるということですね。

二つ目、
積極的なスケジュール各アクターズアクティビティのさばを排除し、
官僚確率50%ですね
各アクティビティーができるかできないか
その確率が50%
という期間
あるいはもしかして予算かもしれません。
期間を申告してもらう。
基本的に50%、60%とかそれは 組織の中で決めればいい話です。
基本的に50,ですから失敗することもあるわけですね。
積極的なスケジュールで見積もる、工期を見つもる。

三番目、
リレー奏者の労働理論
バトンを渡されてから始める。
始めたらすみやかに終わらせる次にわたす。
さっさとやるのですね。
バトン渡される前に走ってはだめですよ。
バトン渡されてからはしる。
役割終わったら渡す、次の人に渡す。

四番目、
遅れてもペナルティーなし。
最初から半分は遅れる予定ですね50%の確率なのですから。
遅れてもペナルティーはない、なんで遅れたのだろうと責めたりしない。
そういう決まりが必要ですね。
それから早く完了してもペナルティーです。早く終わった。
だからといって時間は スケジュール短縮などしない。
お前早く終わったじゃないか 次回はやっぱりサバを見ているから削るよ、そういうことはしないということですね。
それから最後、余裕を統合して全体余裕で 管理する。
バッファーで管理するという
バッファーの消費具合で管理するということ。
個々のアクティビティーじゃなくて、全体で管理するということですね。
こういうことがありますね。
AからDまで選択肢がありますね。
これをちょっと見ていきましょう。
Aではリレー奏者の労働理論になるかな。
一般論としては良いのですが この問題、書かれている問題ですね。
作業は早く終わりそう だから約束した日までに完了すればよい。
だから十分に見直しついでに金メッキを貼ればさらによい。
これは一般にはいいのですがこれは パーキンソンの法則として問題行動にCCMではない。
そして時間があるので 金メッキを張るのは余計なことです。
飾りを付けたりですね。
文書表現をいやに綺麗にした、そういうことなのです。
余計なことですね。
終わったらさっさと渡しなさい。
マルチタスクなし、
マルチタスクは優先順位を無視する。
段取り時間が発生するそうですね、あっちこっち。
あっちやってこっちやるのですか、などを推奨しません。

Cも問題行動になります。

一般論としてバトンを渡し走るのは問題行動になります。
作業はできるだけ早く着手するはビジネスマンの常識である。
早く取りかかったほうがプロジェクは早く終わる。
正しいようですがCCMでは問題行動ですよ。
バトンを渡されてから走りなさい。

Bですね、クリティカルチェーンでは各作業の見積もりをできるかできないかの判断を50、50にするので
ある程度の乖離は発生するとします。
遅れたりしますよ2、3日それは個々のアクティビティーで管理するのではなくて
全体で管理しなさいということで、このBですね、これはもう既にこの表現はCCMの考えですから取り入れられて、ABCが問題行動である ということになります。

【PMP受験のための35時間PM講座(第5版対応) 講座概要】

この講座の概要を読まれている方は、なんらかの形でプロジェクトに携われたり、
あるいは、携わっている最中の方ではないかと思います。

プロジェクト・マネジャーの資格にはいくつかありますが、それらを保有していようがいまいが、
実力のあるプロジェクト・マネジャーはいくらでも居られます。逆も又あります。

しかしながら、プロジェクト・マネジャーはもとより、プログラマーもサブリーダもエンジニアである以上、
「プロジェクトマネジメント」を体系的に理解すべきです。
ベストプラクティスを知っておくべきです。必ず仕事にプラスになります。

そして、どうせ理解するなら、資格として成果を残しておきたいものです。
副効果ですが、客先での名刺交換でプロマネ資格保有者と知っていただければ、
明らかに、相手の会話の内容も違ってくるものです。

KKD(勘、経験、度胸)にたよったタイプのPMがいかに多いか、という点も痛感しております。
「プロジェクトマネジメント」を体系的に理解する方法として、また、折角ならば資格として成果を残しておく方法として、
PMP資格をおススメ致します。まずは、以下の紹介動画をご覧いただければ幸いです。


【無料ユーザー登録で教材を試してみる】

35時間PM講座

【PMP受験のための35時間PM講座(第5版準拠) を試してみる】

ユーザー登録いただくことで、講座の一部を無料で体験頂けます。
SNSアカウントをお持ちの方は、右側のそれぞれのSNSサービスのボタンからユーザ登録頂けます。

 

 

いますぐ購入する

ユーザー登録頂いた後、教材を視聴し、システム内からもご購入いただけます。 いますぐ購入したい場合は、下記の購入ボタンをクリック後、支払い方法を選択し、画面の指示に従ってお進みください。

PMP受験のための35時間PM講座(第5版対応。下記のキャッチアップ講座も含まれています) 価格:27,000円(税込)
【今すぐ購入する】

PMP受験のためのキャッチアップPMBOKガイド第5版(変更点のみ) 価格:2,000円(税込)
【今すぐ購入する】

Fcaebookページでも情報発信中!

「eラーニングをすべての人に!」
株式会社キバンインターナショナル KiBAN INTERNATIONAL CO.,LTD.
Web : http://elearning.co.jp
E-mail : international@kiban.jp
担当:admin