eラーニングコンテンツ

第27問 クリティカル・チェーン(CCM)1 (PMP受験のための35時間PM講座(第5版))

クイズで学ぶプロジェクト マネージメント第27問

クリティカルチェーンその1
問題文は適宜動画を停止するなどして読み進んでください
ではスタートします。
解説に入りましょう。

図A、Bというのがありますね。
ルートが変わっていること
まあ分かると思います。
ここで説明したいのは クリティカルチェーン
ということなのですね
定義の意味確認しておきたいと思います。
クリティカルチェーンとはプロジェクトなどにおいて、それを構成する各アクティビティの実行順序を考えた時アクティビティ工程上の従属関係、つまりここで、図Bで見ますと設計B実験というアクティビティ上の 従属関係があります。
実験は計画Bが終わらないと始めることが出来ない。
そういう従属関係、リソースが限られているために発生する従属関係、これ実はあの加工AとBでその関係をあらわしている。

双方を考慮した上で最も時間的に長くかかるアクティビティの連鎖のこと。

これをリソースが限られているため発生する従属関係は、
例えば加工AとBにおいて同工作機械が1台しかなかった、あるいは加工する行員が1人しかいなかった
ある期間、同時に作業できない
というどちらかを優先していかなくちゃいけないじゃないですか。

ここでは加工Aと加工Bとしている
順序にしているのですけど、
こういう風にリソースの
かぎられている従属関係を終息する

これがクリティカルチェーン赤の部分が同時に クリティカルパスにもなるのですね。
問題文の中にグループでスケジュール作成ツールと技法の一部が出てきましたそれをちょっと知らないと問題がとけない。

資源平準化

これは日本語の意味から もわかるように

資源をならしているのだなと

特定の資源の利用上限がある場合その上限を超えないように資源の割り当てを調整すること

クリティカルパスの変更要因になることも多い。

例えば専門技術を持つAさんはある期間に2つのプロジェクトから派遣要請がきている
どちらかのプロジェクトの派遣期間をずらすということになりますよね。

資源を考えると、資源平準化
もうひとつが問題選択肢にあるファーストトラッキングがある

これは工期を短縮する手法の1つです。

本来順番に実行するはずだった

順番ですかAが終わってBが始まるということですね。

順番に実行するはずだった各工程について前作業の完了を待たずに次工程に着手し、一部を並行して実行する方式で、前行程ですでに作業が進んだ成果物を利用して次工程の作業を進めるという手法が採れない
本来はちゃんと終わってからすすめるべきなのだが、一部を重ねてやるわけですね。
一部工期が短縮できる、だけど危険が潜んでいると
次工程で完了した成果物のやり直しのリスクが有る

最後のところで実はあれば間違っている
後半進め、ちゃんとするものすべてに影響していきますよ
そういうリスクがあります。

ということです。

問題を見ていきましょう。
これ当てはまらないのはファーストトラッキングですね。

ファーストトラッキングは並行の作業を行っているものですからむしろAに近い

Aの加工の部分に近いといえますよね。

それがシリアルになっている
まあこれはおかしいな。
上から見ていきましょう。
加工Aと加工Bで 資源標準化を適用し調整したというこれでいいですね。

あのある一定期間に工作機械あるいは工作する人が1人しかいなかったので調整をしたということ
Bこれも同じことですね。
加工Aと加工Bの特殊加工の行員が1人しかいないので調整した
あっていますね。
したがってBのようになる
それからC、加工Aと加工Bで矯正依存関係があったんで 調整した
実はAだと思っていてしばらくして違うよ
AとBには依存関係があったよ
ということを思いだして修正したということですね。
まあこういうこともありえるということ、従ってファストトラックがここではおかしいと言うことになる。

【PMP受験のための35時間PM講座(第5版対応) 講座概要】

この講座の概要を読まれている方は、なんらかの形でプロジェクトに携われたり、
あるいは、携わっている最中の方ではないかと思います。

プロジェクト・マネジャーの資格にはいくつかありますが、それらを保有していようがいまいが、
実力のあるプロジェクト・マネジャーはいくらでも居られます。逆も又あります。

しかしながら、プロジェクト・マネジャーはもとより、プログラマーもサブリーダもエンジニアである以上、
「プロジェクトマネジメント」を体系的に理解すべきです。
ベストプラクティスを知っておくべきです。必ず仕事にプラスになります。

そして、どうせ理解するなら、資格として成果を残しておきたいものです。
副効果ですが、客先での名刺交換でプロマネ資格保有者と知っていただければ、
明らかに、相手の会話の内容も違ってくるものです。

KKD(勘、経験、度胸)にたよったタイプのPMがいかに多いか、という点も痛感しております。
「プロジェクトマネジメント」を体系的に理解する方法として、また、折角ならば資格として成果を残しておく方法として、
PMP資格をおススメ致します。まずは、以下の紹介動画をご覧いただければ幸いです。


【無料ユーザー登録で教材を試してみる】

35時間PM講座

【PMP受験のための35時間PM講座(第5版準拠) を試してみる】

ユーザー登録いただくことで、講座の一部を無料で体験頂けます。
SNSアカウントをお持ちの方は、右側のそれぞれのSNSサービスのボタンからユーザ登録頂けます。

 

 

いますぐ購入する

ユーザー登録頂いた後、教材を視聴し、システム内からもご購入いただけます。 いますぐ購入したい場合は、下記の購入ボタンをクリック後、支払い方法を選択し、画面の指示に従ってお進みください。

PMP受験のための35時間PM講座(第5版対応。下記のキャッチアップ講座も含まれています) 価格:27,000円(税込)
【今すぐ購入する】

PMP受験のためのキャッチアップPMBOKガイド第5版(変更点のみ) 価格:2,000円(税込)
【今すぐ購入する】

Fcaebookページでも情報発信中!

「eラーニングをすべての人に!」
株式会社キバンインターナショナル KiBAN INTERNATIONAL CO.,LTD.
Web : http://elearning.co.jp
E-mail : international@kiban.jp
担当:admin