eラーニングコンテンツ

第24問 プレジデンス・ダイヤグラム1(PMP受験のための35時間PM講座(第5版))

クイズで学ぶ プロジェクトマネジメント第24問
プレジゼンスダイアグラムその1です。

問題文は映像を適宜停止するなどして読み進めてください。

ではスタートします。

解説に移りましょう。
そうですねこのグラフ、ネットワーク図を見てですね、これはプレジデンスダイヤグラフだと気づいてほしい。
表記法はプレジデンスダアヤグラフにしたがっております。

この表の凡例ところ、まあ一つの作業ですね箱 の中の1つの作業Gは2日かかる、
G(2)は2日かかるというようなことを示しています。

この上の緑の部分 下の黄色の部分は何を示しているのかを理解しないと解けないと思いますね。

取り出して作業E、G、Hに注目してみましょう。

まず緑の部分なのですが再送開始時刻3日再送終了時刻9日と読んでください。
まあ表記の仕方いくつかあるのですけども
3日目の夜遅くに渡されたと、作業は4日からはじまると読んでほしい。
3日の夜遅く、4日から始めて、4,5,6,7,8,9、の6日ですから9日の夜に終わった
と見てください。

その緑の部分が再送開始時刻そして再送終了時刻になります。

Gを見てみましょう
Gはですね作業EとHが、どっちかこないと、いや両方こないと始められないですね。
ですから早く来ても次のHがくるまで待っているわけですね。
ですからGは14日の夜遅くにきたとHから渡されたよと、
そして15,16と2日かけて作業を終わらせたと読んでください。

黄色の部分これは今度、戻っていきますね。
緑が前進でしたね、今度はバックしていると。
この例ではですねG から両方分かれているんですけ ども
どちらの作業も16、14,というのは、そのままかかれますね。
14からそのままバックして、それぞれかかれるわけですね。
これが最遅終了時刻になる。
どちらもEの場合もHの場合も14日
という風にみてください

それから、それぞれの作業の中の
日数、作業日数をひいて8とか13を足していきます。
上の段が再送開始時刻
最早ですね。(Earliest)
下の黄色いところが最遅(Latest)です。
という読み方になります。

さて、四つの選択肢がありましたね。
クリティカルパスはこれで日数は16日です。
ちょっとあの問題文をみると、もう既にCの所にまるがついていますが、
クリティカルパスは16日であると、いうことでこの赤の部分が一番長いルートですね。
つまり0日目からはじまって16日目に終わるということです。
ですからAは 正しいわけですね。
B、クリティカルパス上のどの アクティビティのLSTマイナスEST又はLSTまたはマイナスEFTは0である
トータルフロートまたはフロートは0という

ちょっと見てみましょう。この赤の所にのっている作業、BDFHGこれは
上の数値例えばBで見ますと04,または04
どちらも同じですね。

それからHで見ますと13,13,下も13,13
どちらも
フロート、トータルフロートそれはゼロである

Cを見てみましょう ネットワークス図はAONではない
このAONっていうのはActivity On Arrowである
矢印の上に作業が書かれている
DのところにPDM(President Diagram Method) 、
AON(Activity On Node)、
ノードに作業名が書かれている。
pdfはこれだ
CというAONこれはアローダイアグラム法で使う。

記述方法ですが、
ここだけが正しくないということで、
回答はC、ネットワーク図はAONであらわされ、」
WUXGAに行っているのであります。

これは間違いということでCになります。

【PMP受験のための35時間PM講座(第5版対応) 講座概要】

この講座の概要を読まれている方は、なんらかの形でプロジェクトに携われたり、
あるいは、携わっている最中の方ではないかと思います。

プロジェクト・マネジャーの資格にはいくつかありますが、それらを保有していようがいまいが、
実力のあるプロジェクト・マネジャーはいくらでも居られます。逆も又あります。

しかしながら、プロジェクト・マネジャーはもとより、プログラマーもサブリーダもエンジニアである以上、
「プロジェクトマネジメント」を体系的に理解すべきです。
ベストプラクティスを知っておくべきです。必ず仕事にプラスになります。

そして、どうせ理解するなら、資格として成果を残しておきたいものです。
副効果ですが、客先での名刺交換でプロマネ資格保有者と知っていただければ、
明らかに、相手の会話の内容も違ってくるものです。

KKD(勘、経験、度胸)にたよったタイプのPMがいかに多いか、という点も痛感しております。
「プロジェクトマネジメント」を体系的に理解する方法として、また、折角ならば資格として成果を残しておく方法として、
PMP資格をおススメ致します。まずは、以下の紹介動画をご覧いただければ幸いです。


【無料ユーザー登録で教材を試してみる】

35時間PM講座

【PMP受験のための35時間PM講座(第5版準拠) を試してみる】

ユーザー登録いただくことで、講座の一部を無料で体験頂けます。
SNSアカウントをお持ちの方は、右側のそれぞれのSNSサービスのボタンからユーザ登録頂けます。

 

 

いますぐ購入する

ユーザー登録頂いた後、教材を視聴し、システム内からもご購入いただけます。 いますぐ購入したい場合は、下記の購入ボタンをクリック後、支払い方法を選択し、画面の指示に従ってお進みください。

PMP受験のための35時間PM講座(第5版対応。下記のキャッチアップ講座も含まれています) 価格:27,000円(税込)
【今すぐ購入する】

PMP受験のためのキャッチアップPMBOKガイド第5版(変更点のみ) 価格:2,000円(税込)
【今すぐ購入する】

Fcaebookページでも情報発信中!

「eラーニングをすべての人に!」
株式会社キバンインターナショナル KiBAN INTERNATIONAL CO.,LTD.
Web : http://elearning.co.jp
E-mail : international@kiban.jp
担当:admin