eラーニングコンテンツ

【読むeラーニング】給水装置工事主任技術者試験 指定給水装置工事事業者


ではその次ですね。
指定給水装置工事事業者の制度のところから解説していきます。
まずですね、一番上、水道事業者は、給水装置工事を適正に施工することができる者を指定することができるわけですね。
ちゃんと施工する条件があって、この業者であれば大丈夫だっていう指定ですね、定める。
指定したときは、遅滞なく、一般に周知するっていうことで、この会社が指定給水装置工事業者ですよっていうことを、遅滞なく一般に周知。
その次、給水装置工事の報告又は資料の提出を求めることができる、ということで、これは指定業者に対して報告又は資料の提出を求めることができるですから、またここも同じですね。
求めなきゃいけないわけじゃなくて求めることができる。
その下、ここもよく出てきますね。
指定基準は全国一律。公開を要する、ということで、やっぱり全国ですよね。
水道ですから、都道府県によって水質基準が違うことはないですね。
人間ですから、住んでるの人間で、全国一律に基準値がありますから、指定基準も全国一律になってます。で、公開されてます。
その次、水道事業者は、申請があり適合していたら指定しなければならない。
ここもやっぱりよく出てきますね。
だから指定することができるって書いてありますけども、申請してちゃんと適合していたら、恣意的に変な政治力とかで指定しないとかするとかってしちゃいけないですね。
そこに変な癒着とか利権関係が発生しますから、そういうことじゃなくて、ちゃんと公開して基準を、それに申請したものが適合していたら、指定しなければならないということになります。
適合してなければ指定しなくてもいいわけですけども、適正に施工することができる者を指定することができる、ということと、ここの部分とここの部分をはき違えないようにしていただければと思います。

【給水装置工事主任技術者合格講座 講座概要】

本講座では実務経験・知識ともに豊富な石原鉄郎氏が、合格に必要な知識を一から丁寧に解説いたします。
合格に直結する分かりやすい石原氏の講義は大変好評です!!
理系・文系の別を問うことなく、合格に必要な知識を短期間で付けることができます。

【無料ユーザー登録で教材を試してみる】


給水装置工事主任技術者合格講座

 

ご購入手続きの流れ

下記の購入ボタンをクリック後、支払い方法を選択し、画面の指示に従ってお進みください。

給水装置工事主任技術者合格講座 365日 キャンペーン価格19,910円(税込)※テキストはpdfファイルです。※キャンペーン価格は終了しました。
【今すぐ購入する】

Fcaebookページでも情報発信中!

「eラーニングをすべての人に!」
株式会社キバンインターナショナル KiBAN INTERNATIONAL CO.,LTD.
Web : http://elearning.co.jp
E-mail : international@kiban.jp
担当:admin