eラーニングコンテンツ

【読むeラーニング】給水装置工事 バキュームブレーカー


ではその次にまいります。
バキュームブレーカーですね。
先ほどの負圧破壊防止装置器具をつけるといった、負圧破壊防止装置としてはバキュームブレーカーですね。
負圧のところは、負圧ですけど真空ですね、真空破壊装置。
それの英訳したのがバキュームブレーカーです。
大気圧バキュームブレーカーです。
これは普通に使われてる、よく見かけるこのフラッシュバルブ方式の、これは大便器のここの部分ですね。
ここがフラッシュバルブですから、バルブですけどその下のここの部分がバキュームブレーカーですね。
これの構造がこちらになってるわけですね。
大気圧式のバキュームブレーカーは、止水機構ですからバルブですね、ここが止水機構ですね。
これの流出が下流側に設けて、水受け容器の越流面、オーバーフローの150mm以上上に付ける、ということは吐水口空間みたいな形ですね。
ここの溢れ縁ですね、オーバーフローした水面がマックス上がってくるとこから、さらに上に150mm以上付けろということになります。
こちらがバキュームブレーカーの構造ですけども、普段水はこちら側に流れるわけですね。
負圧になるってことは、これが普段の状態ですけども、異常な状態になったっていうか、こっちからこっちに逆流するわけですね。
そうした時に、てこの原理で、普段はこういうふうになってる状態のやつが、〓て蓋が閉まるんですね。
普段、上から流れてる時はこっちの状態でバルブが開いてますけど、逆流しようとしたらこちらが閉まってこちらが開いて、空気が入って真空が破壊されるというような機械になります。
そこまでのメカニズムは出ないですけども、イメージしてないと分かりづらいかなと思いますので、説明しました。
今言ったのは大気圧式ですね、ここの大気圧でパコパコパコパコ動かしてるわけですから、これが大気圧式バキュームブレーカーになります。

【給水装置工事主任技術者合格講座 講座概要】

本講座では実務経験・知識ともに豊富な石原鉄郎氏が、合格に必要な知識を一から丁寧に解説いたします。
合格に直結する分かりやすい石原氏の講義は大変好評です!!
理系・文系の別を問うことなく、合格に必要な知識を短期間で付けることができます。

【無料ユーザー登録で教材を試してみる】


給水装置工事主任技術者合格講座

 

ご購入手続きの流れ

下記の購入ボタンをクリック後、支払い方法を選択し、画面の指示に従ってお進みください。

給水装置工事主任技術者合格講座 365日 キャンペーン価格19,910円(税込)※テキストはpdfファイルです。※キャンペーン価格は終了しました。
【今すぐ購入する】

Fcaebookページでも情報発信中!

「eラーニングをすべての人に!」
株式会社キバンインターナショナル KiBAN INTERNATIONAL CO.,LTD.
Web : http://elearning.co.jp
E-mail : international@kiban.jp
担当:admin