eラーニングコンテンツ

【読むeラーニング】給水装置工事主任技術者試験 指定給水装置工事事業者 責務


ではその次、今度は指定の給水装置工事事業者の業者としての責務になります。
まずは、基準に従う適正な事業の運営、この辺は常識的なことが書いてありますので、そんなに難しくないと思いますけども、確認して行きたいと思います。
事業所名、所在地等の変更届、あとは廃止・休止・再開の届出ですね。
何かあった場合はちゃんと届出を出せよということが責務になります。
そうですね、指定された条件をずっと継続しておかないと、指定が取り消されたりすることになるわけですから、ちゃんと届けてちゃんとやってますよということを届けなくちゃならない。
事業所ごとに給水装置工事主任技術者の選任と届出、工事ごとに指名ですね。
これもよく出てきますのでチェックですね。
まず、この事業者にちゃんと選任して届けなくちゃいけないですね。
事業者ごとにこの人がうちの給水装置工事主任技術者なんだよと。
もう一つですね、二段構えで、今度は工事するごとに指名ですね。
事業者ごとに届出、選任ですよね。
工事ごとに指名ですね。
この工事はこの給水装置工事主任技術者が監督してやってますよ、というようなことを指名しなくてはいけない。
その下、施工技術向上のための研修機会の確保ですね。
ですから、ちゃんと技術力を維持するために、わざわざこんなことまで書いてありますね。
研修機会を確保しなければならない、ということになります。
次ですね、水道事業者が行う監督への服従ですね。
服従って言うと言葉が強いですね。
監督への服従。
吹き出しのワンポイントですけども、主任技術者は選任して届出ですね。
何を言ってるかというと、選任するだけじゃダメですね。
届け出なくちゃいけないということで、2つ必要ですよということになります。

【給水装置工事主任技術者合格講座 講座概要】

本講座では実務経験・知識ともに豊富な石原鉄郎氏が、合格に必要な知識を一から丁寧に解説いたします。
合格に直結する分かりやすい石原氏の講義は大変好評です!!
理系・文系の別を問うことなく、合格に必要な知識を短期間で付けることができます。

【無料ユーザー登録で教材を試してみる】


給水装置工事主任技術者合格講座

 

ご購入手続きの流れ

下記の購入ボタンをクリック後、支払い方法を選択し、画面の指示に従ってお進みください。

給水装置工事主任技術者合格講座 365日 キャンペーン価格19,910円(税込)※テキストはpdfファイルです。※キャンペーン価格は終了しました。
【今すぐ購入する】

Fcaebookページでも情報発信中!

「eラーニングをすべての人に!」
株式会社キバンインターナショナル KiBAN INTERNATIONAL CO.,LTD.
Web : http://elearning.co.jp
E-mail : international@kiban.jp
担当:admin