eラーニングコンテンツ

【読むeラーニング】電気工事士試験 三相回路

電気工事士講座

第1種電気工事士試験に20日間で合格講座365日キャンペーン価格29,300円(税込)※テキストはpdfファイルです。※キャンペーン価格は終了しました。

第二種電気工事士試験に10日間で合格講座365日間6,300円(税込)

第二種電気工事士技能試験対策講座365日キャンペーン価格6,800円(税込)※キャンペーン価格は終了しました。

 


三相交流回路というのは、こういう具合に、単相で波形のズレた三種類の交流が一緒になった電源です。
120°位相がズレるということになっておりますが、二種の受験の場合には、三相がズレてるというのも120°というのも、それほど気にしなくても問題は解けます。
このように一つの回路、二つ目の回路、三つ目の回路という具合に、交流回路が三つ重なってると。
これが中性線というんですが、120°ずつ波形がズレてるせいで、戻りの電流をみんな足しますと、上からきますね、こっちからきます、こっちからきます、真ん中で戻るわけですが、この中性線に流れる電流が0Aになるというのが三相の特徴なんですね。
ですから電流流れないならこれをはずしてもいいんではないのかということで、三相三線式、ですから三相回路には戻りの電流がないということになります。
ここ一本しか書いてませんけれども、それぞれの回路からすべて負荷の方へ流れていく、これは大事なことですんで覚えておいてください。
それから相電圧、相電流という名前ですけれども、これは負荷に流れる電流、負荷の電圧のことです。
ここは、線と線の間、線に流れる電流ということで線電流、線管電圧と呼ばれます。
三相回路の計算で大事なところは、この相電圧、相電流と、線管電圧、線電流の関係です。
これは本当のことではありませんが、便宜上、相電圧はこれだけ、線管電圧はそれより大きく見えますね。
ですから相電圧より線管電圧が大きいんだ、というイメージを持ってください。
理由は別にこの線の間隔ではありませんので、まるっきり本当のことではありませんが、そういうイメージで見ることが大切なんですね。
どれくらい大きいのか。
これは、三相のキーワードは3、それからルート3です。
線電流は、ご覧の通り枝分かれが何にもありませんので、相電流と等しい。
ところが電圧のほうは、相電圧より線管電圧が大きくて、ルート3倍である。
これはしっかりと覚えておいてください。
ほとんどの問題は、このルート3倍を使うことになります。
実際の電気計算の場合、オームの法則を使わなければいけませんが、オームの法則は、負荷の法則ですから、ここの一つ分の回路、ここでオームの法則をします。
ですから、三相で三つあると言いましても、電圧、電流を求めるのは一つの相だけ、一つの回路だけと考えたら結構です。
他のやつは一緒ですよということです。
そこでオームの法則をするには、一つ分の回路だけに着目をして、相電圧、相電流でオームの法則を行ってください。
よろしいですか。

Fcaebookページでも情報発信中!

「eラーニングをすべての人に!」
株式会社キバンインターナショナル KiBAN INTERNATIONAL CO.,LTD.
Web : http://elearning.co.jp
E-mail : international@kiban.jp
担当:admin