eラーニングコンテンツ

【読むeラーニング】電気工事士試験 三相電力

電気工事士講座

第1種電気工事士試験に20日間で合格講座365日キャンペーン価格29,300円(税込)※テキストはpdfファイルです。※キャンペーン価格は終了しました。

第二種電気工事士試験に10日間で合格講座365日間6,300円(税込)

第二種電気工事士技能試験対策講座365日キャンペーン価格6,800円(税込)※キャンペーン価格は終了しました。

 


三相の電力、三相というのは交流の回路が三つある。
ですから一番の基本は、相電圧×相電流。
もしコイル等が含まれておりましたら力率を掛ける。
ですから一つの単相交流回路と考えていただくと、これが三つある。
ですから三相電力の基本というのは、相電圧、相電流×力率が三つありますよということなんですね。
これは相電圧、相電流が求まればこれが一番基本となりますが、そうでない場合がある。
例えば文章題で、電流がいくらですよ、電圧がいくらですよ、それが三相負荷に加わってるんですよと言った場合、その電圧、電流は、線管電圧、線電流を指すわけです。
そうしますと、線管電圧、線電流で電力を求めなければならない。
そうすると、基本はこれです。
例えば相電圧を線管電圧で表せば、δ〓の場合はルート3分のV。
こちらは線電流は、ルート3分の1すると相電流になる。
これは式同じでしょ。
こちらは線管電圧をルート3する、ルート3分の1ですね。
こちらは線電流をルート3分の1する。
そうすると、3分のルート3×線管電圧、線電流、力率ということになります。
ルート3分の3というのは非常に覚えにくいです。
ですからルート3分の3、両分母分子にルート3を掛けてください。
ルート3×ルート3で3、3×ルート3で3ルート3、ルート3が残ります。
ですから覚え方としては、相電圧、相電流×力率ならば3倍。
線管電圧、線電流×力率で求めるなら3の代わりにルート3と覚えておけばよいわけです。
例題を見てみましょう。
線間電圧が200Vです、抵抗が10Ω、相電圧はルート3分の200。
線電流はオームの法則でルート3分の200を10Ωで割る。
ルート3分の20です。
相電圧、相電流から電力を求めますと3倍、相電圧のルート3分の200、相電流のルート3分の20、これ抵抗負荷ですから力率は1です。
すべて100%抵抗である。
こういう求め方になる。
これが線管電圧、線電流でありますと線間は、200Vですね。
線電流は相電流と同じです。
ルート3分の20、線管電圧、線電流で求めますと、ルート3、200、線管電圧ですよ、ルート3分の20、線電流ですね、力率は1。
ということで同じ4000Wになるわけです。
スター結線でコイルの入った場合、これは本来は第一種電気工事士の問題です。
この20年ではこの問題が4回ほど、二種のほうに出ております。
ただし、二種に出ているのはδのほう、スターのほうは出ておりませんので、少し気を付けて見ておいてください。
Rが8、Xが6ですから、インピーダンスは8の二乗、抵抗の二乗とリアクタンスの二乗を足してルートを取る。
ですから10Ωですね。
線間電圧が200、ルート3分の1して相電圧を出す。
相電流は、相電圧をインピーダンスで割る。
ですから10Ωで割ればルート3分の20、これは線電流にも等しい。
ここで忘れてはいけませんのは力率。
インピーダンス分の抵抗の割合、全体の回路の抵抗の割合ですね。
10分の抵抗が8ですから0.8となる。
ここまで出ましたらどちらで求めていただいても結構。
相電圧、相電流で求めるんであれば3〓です。
相電流がルート3分の200、相電流がルート3分の20で力率が0.8、3倍ですね。
線間電圧が200、線電流はルート3分の20。
これで求めますとルート3倍する、答えはもちろん同じ3200となります。
δ結線も、例題を見てみましょう。
線間電圧が200、ですから相電圧は200です。
δの場合、電圧が出ておりますとすぐにオームの法則ができる。
200÷5で40A
これは相電流です。
線電流はそれのルート3倍ですから40ルート3となる。
相電圧200、相電流40を使うんであれば3倍です。
抵抗回路ですから力率は1。
線管電圧200、線電流40ルート3、これを使うんであればルート3倍、線管電圧、線電流、力率、同じ答えになります。
これが毎回のこの手の回路の問題です。
まずインピーダンス、これが並列の問題は出たことありませんので、直列の練習をされたらいいでしょう。
抵抗が8、リアクタンスが6、抵抗の二乗+リアクタンスの二乗のルート、で10Ωとなる。
線間電圧が200Vですから相電圧も200です。
オームの法則は相電圧を10で割ります。
20Aと出た答えは線電流ではありませんので、ルート3倍しなければなりませんよということです。
力率はZ分のR、同じですね。
線管電圧、線電流、相電圧、相電流、どちらでも構いません。
相電圧の200、相電流の20使えば3倍、覚えましたか。
線管電圧の200、線電流の20ルート3を使えばルート3倍。
力率を掛けるのを忘れないようにしてください。

Fcaebookページでも情報発信中!

「eラーニングをすべての人に!」
株式会社キバンインターナショナル KiBAN INTERNATIONAL CO.,LTD.
Web : http://elearning.co.jp
E-mail : international@kiban.jp
担当:admin