eラーニングコンテンツ

【読むeラーニング】電気工事士試験 電気抵抗

電気工事士講座

第1種電気工事士試験に20日間で合格講座365日キャンペーン価格29,300円(税込)※テキストはpdfファイルです。※キャンペーン価格は終了しました。
【今すぐ購入する】
第二種電気工事士試験に10日間で合格講座365日間6,300円(税込)
【今すぐ購入する】
第二種電気工事士技能試験対策講座365日キャンペーン価格6,800円(税込)※キャンペーン価格は終了しました。
【今すぐ購入する】
 


次に電気抵抗を求める式ですね。
電気抵抗っていうのは、この場合は電気工事に使う電線の電気抵抗を求める問題になりますので、電線の長さ、電線の断面積、これによって電線の抵抗値が決まるという式なんです。
これはですね、公園にある土管くぐりであるとかタイヤくぐりであるとか、トンネルをくぐるということをイメージしていただいたらいい。
トンネルをくぐるのに入口が狭いとくぐりにくいですね。
ですから、断面積、つまりトンネルの入口が小さければ小さいほど抵抗は大きくなるということで分母にきます。
短いトンネルと長いトンネルではどっちがくぐりにくいんですか、長いほうがくぐりにくいですね。
ですから長ければ長いほど抵抗は大きくなる、それで分子にくるわけです。
このロー(ρ)と読むんですが、これは抵抗率といいます。
抵抗率は材質によって、例えばトンネルの内側がステンレスでできてる、あるいはセメントでできてる、それによってくぐりやすさが違ってきますよね。
だから材質による定数、電線でいいますと〓銅、あるいはアルミニウム、この二種類でしょう。
種類によって材質によって変わる定数です。
ですから、ρ×A分のlという公式になるんですが、この時に電線は丸いもんですよ。
そうすると断面積は半径×半径×3.14、つまりπRの二乗と数学で習われてきたことだと思います。
ですが、電気工事に使う電線は半径ではなくて直径で表す、これが慣例になっております。
ですから直径をDとしますと、2分のDの二乗×3.14という形になってしまいます。
ですからπ×2分のDの二乗分のl、または括弧をはずしてしまって、πDの二乗分の4l、こういう形になるわけです。
よろしいですか。
ですから計算上は直径でやっても、例えば数字の問題であれば直径が2ミリと言われたら、じゃあ半径は1ミリですねという解釈で、こちらの式でやらなくても半径を出していただいてもこれは構わないわけです。

Fcaebookページでも情報発信中!

「eラーニングをすべての人に!」
株式会社キバンインターナショナル KiBAN INTERNATIONAL CO.,LTD.
Web : http://elearning.co.jp
E-mail : international@kiban.jp
担当:admin