eラーニングコンテンツ

【読むeラーニング】電気工事士試験 単相3線式

電気工事士講座

第1種電気工事士試験に20日間で合格講座365日キャンペーン価格29,300円(税込)※テキストはpdfファイルです。※キャンペーン価格は終了しました。
【今すぐ購入する】
第二種電気工事士試験に10日間で合格講座365日間6,300円(税込)
【今すぐ購入する】
第二種電気工事士技能試験対策講座365日キャンペーン価格6,800円(税込)※キャンペーン価格は終了しました。
【今すぐ購入する】
 


電柱から単相3線式の3本線で電力量計に送りメインブレーカーに入れます。
メインブレーカーから必要な2本線のブレーカー、2P1Eのブレーカーですね、こちらで100V電気を供給するということになります。
次に2P2Eのブレーカー、これで電磁調理器や200Vのエアコンですね、こちらのほうに電気を供給するような形になります。
2P1Eのブレーカーというのは、片側に引きはずしコイルが入っており、この部分が電流を感知してブレーカーを切るということになります。
引きはずしコイルのない側ですね、そちらブレーカーの本体のほうにNという表示あります。
こちらに書いておりますけれども、対地電圧150V以下の配線において、中性線が確定している場合、中性線側の素子を省略しても良い、ということは中性線側の素子を省略してる状態でいいますと、N側に必ず白の線を入れなければならないということになります。
2P2E、こちらは引きはずしコイルが2個ついております。
両側共に電流を感知してブレーカーを切るということになります。
通常はこのブレーカーを使う時には、単相3線式の200Vの部分に使うんですけれども、別に100Vの部分に使っていただいても結構です。
単相3線式100・200Vの分電盤に、分電盤というのは住宅の中でブレーカーがかたまってる部分ですね、配線用遮断器を施設する場合の結線で、適切なものは。ただし、Nは配線用遮断器の端子の極性表示である、ということは素子がないということになります。
答えはイとなり、N端子は必ず接地側、中性線ですね、そこに接続する必要があります。
先ほども言いましたように、2P1Eは100Vのみ。
もちろん100Vのみですので、必ず接地側線、真ん中線ですね、そちらのほうをニュートラル側に入れなければならない。
2P2Eは100・200V、先ほども言いましたように両方使うことができますが、金額的に高いので実質は200Vの回路にしか使っておりません。

Fcaebookページでも情報発信中!

「eラーニングをすべての人に!」
株式会社キバンインターナショナル KiBAN INTERNATIONAL CO.,LTD.
Web : http://elearning.co.jp
E-mail : international@kiban.jp
担当:admin