PMP

第37問 予備設定分析2 (PMP受験のための35時間PM講座(第5版))

予備に関して適切でない記述はどれか。

A スケジュールの不確実性を補うために、プロジェクト・スケジュール全体に対してコンテ­ィンジェンシー予備を設ける。
B リスクの”能動的な受容戦略”では、リスク発生時に備えて、対応­費、時間、資源 などのコンティンジェンシー予備を設定する。
C クリティカル・チェーンのアクティビティの最後に設けるプロジェクト・バッファはマネ­ジメント予備である。
D マネジメント予備は”予算設定プロセス”の予備設定分析で設定す­る。

 


PMP_03

いますぐ購入する

ユーザー登録頂いた後、教材を視聴し、システム内からもご購入いただけます。

いますぐ購入したい場合は、下記の購入ボタンをクリック後、支払い方法を選択し、画面の指示に従ってお進みください。

PMP受験のための35時間PM講座(第5版対応。下記のキャッチアップ講座も含まれています) 価格:27,000円(税込)
【今すぐ購入する】

PMP受験のためのキャッチアップPMBOKガイド第5版(変更点のみ) 価格:2,000円(税込)
【今すぐ購入する】


PMBOK(Project Management Body Of Knowledge)ガイドはプロジェクト・ネジメントのデファクトスタンダードとし­て、世界的に認められています。その内容をきちんと理解しておくことは、プロジェクト­に携わる人にとっても役立ちます。
米国PMIは、PMBOKガイドを軸にしたプロジェクトマネジメントの試験を実施し、­合格者にPMP(プロジェクト・マネジメント・プロフェッショナル)を認定しています­。国内では平成24年1月時点で保有者3万人に達し、我が国産業のプロジェクトマネジ­メントの質向上に大きく貢献しています。
本試験の受験資格は、以下の2点が必要です。
1)35時間のPM教育受講証明(学校、企業、eラーニング、教育機関、など)
2)4,500時間のPM活動実績証明(企業が証明)
本eラーニング講座の特徴は、以下の3点です。
・デファクトスタンダードのプロジェクトマネジメントが体系的に学べる
・PMP試験対策になる
・35時間PM教育受講証明を取得できる

Fcaebookページでも情報発信中!

「eラーニングをすべての人に!」
株式会社キバンインターナショナル KiBAN INTERNATIONAL CO.,LTD.
Web : http://elearning.co.jp
E-mail : international@kiban.jp
担当:admin