eラーニング

【クリップオンタイプのストロボとは?】~フォトマスター検定2級講座より

クリップオンタイプのストロボとは?

・アクセサリーシューに装着するタイプ。
・光量もありバウンス撮影ができる。
・同じメーカーであれば、自動調光機能を使って、内臓ストロボと同じ撮影ができる。
・スローシンクロ撮影も簡単にできる。

 

eラーニング講座から【クリップオンタイプのストロボについて】解説部分を、そのまま文字にしてご紹介いたします。

―――――――――――――――――――――――――――――――
(※ここから)

クリップオンタイプのストロボなんですが、このアクセサリーシューに装着する。

これがねぇ、使い勝手がいいですね。 これ光の光量があるって事は遠くまで届くってことです。なおかつ、バウンス撮影て言って壁とかに反射させてね、撮影もできたりしますので。直接当てるんじゃなくてね。

そういったいろんなことができるタイプのストロボです。 まあこのクリップオンタイプのストロボっていうのは、まなるべく同じメーカーで揃えるのが理想なんですが、

内蔵ストロボはいろんなことができるように、クリップオンタイプも同じメーカーで揃えればいろいろできます。

これスローシンクロ撮影てありますが、夜景とかシャッタースピードを緩くして、撮影する時にストロボもさらに使うという、これスローシンクロ撮影というのが非常に便利ですね。

夜景を撮るだけだったらシャッタースピードを遅くして三脚使えばいいんですけど、人も目立たせたい場合はストロボで照らしてあげないといけないですよね。

そんなスローシンクロ撮影というのもまあ簡単にできたりします。 内蔵ストロボがついているからも、そんないらないじゃんっていう話よく聞くんですけども、これ光量が少ないから遠くのものはちょっと離れたりしないと取れません。

バウンス撮影っていうのは当てたりする撮影もできないのであまりパリエーションはないですね。さらに難点はねここ。

ここでストロボが開くじゃないですか、そうするとこの長いレンズだと邪魔するんですよ、最初のこの辺が。

光が届かないですよ、これ低いからね。だからこのレンズで遮られて光が届いてないから、一部暗くなってしまうケラレという現象も起きやすいです。 ここにねボンと立てるものを付けた方がいいですね。

(※ここまで)

―――――――――――――――――――――――――――

>>>より詳しいストロボ撮影についての解説は、こちらの動画でご覧いただけます。

講座詳細

▼フォトマスター検定2級講座

▼フォトマスター検定3級講座

▼大岩先生の講座

eラーニングのことなら何でもお気軽にご相談ください

株式会社キバンインタ―ナショナル http://www.kiban.jp/
メール:international@kiban.jp

jp

Fcaebookページでも情報発信中!

「eラーニングをすべての人に!」
株式会社キバンインターナショナル KiBAN INTERNATIONAL CO.,LTD.
Web : http://elearning.co.jp
E-mail : international@kiban.jp
担当:kobayashiseira