eラーニング

一眼レフ・ミラーレス写真上達方法(1)撮影モードは、絞り優先オートA(Av)がおすすめ。

———————————————————————————————-
(ここから、動画の内容をそのまま文字にしています)

はい、みなさんこんにちは。
一眼レフ・ミラーレス写真上達方法について、お伝えしていきます、家電コンサルタントの大岩俊之と申します。

この動画では、撮影モードについて皆さんにお伝えできればと思っております。

カメラを、ベテランの方である程度使っている方はわかるんですが、一眼レフ、今でいうとミラーレスというと、小型の一眼レフというイメージなのですが、

それを買ってきて、例えばお子さんの運動会、幼稚園の運動会、小学校の運動会で撮っている方特に多いですよね。

その時に、モードのマニュアル、機種によってはここについていなくて、画面で設定するというものもありますけれども、

ココの設定がですね、ほとんど触らない方が多いんですよ。

ここの画面ではMというマニュアルになっていますが、ほとんどの方は、ここですね、Pというプログラムを使っています。

もしくは、オートというのがあったら、オートを使ってます。

これは、なぜかって言うと、ほとんどの方は、どうやって撮ったら良いかが分かっていないんですよ。

だってね、だから、オートにしておけば後はシャッターを半押しにしておけば勝手にピントがあうじゃないですか。

ズームで回すと寄ったり引いたりすれば、大体の感じがわかるので、オートにしておけば写真が撮れるだろうと思って一眼レフを使ってる方がほとんどなんですよ。

私の子供が小さいころ、幼稚園、小学校の頃の運動会、あとは行事ですね、一眼レフカメラを持って来ている方たくさんいらっしゃいますね。

あとは一眼レフは難しいので、ビデオカメラが分かり易い方がいいかと思って動画を撮ってる方もいらっしゃいますが、私はいやらしいので人のカメラを見てしまうんですね。

一応それなりにカメラが好きなので、中にはねお爺ちゃんがねめちゃめちゃカメラ持ってきたり、お父さんがカメラ好きの方はいいカメラ持ってるんですよ。

そうすると、負けたなこのカメラとかいって男性はそういうちょっと比較とか裏でやってたりするんですが、

まあそんな話はさておいときまして、せっかく一眼レフ、ミラーレスとかって、このダイヤルの設定をできる機能が付いているのであれば、使わないと損じゃないですかというのがこの動画の趣旨なんです。

じゃあ何を使ってたらいいかって難しいこと、これそれぞれこの動画で説明しません。

何を使ったらいいか、それだけです。

何を意味するかというところ、ちょっと説明していきますが、プログラムPですね。これは、絞り値とシャッタースピードをカメラが自動的に決めます。あと、イソ、iso感度なども自動的に決めてくれます。

今度は面倒くさくないのでそれを使ってます。

フルオートにすると、さらにフラッシュなども自動的にパカッと内蔵が開いて、撮ってくれたりします。

このS(Tv)というのは、シャッター優先モードといいまして、シャッタースピードを設定できるんですね、撮影者が。絞りは自動的にカメラが決めるというものです。

で、その下、A(Av)モード、絞り優先オートです。これは、絞りを撮影者が決めて、あとはお任せするというタイプです。

マニュアルというのは、絞りとシャッタースピードを、もしくはiso感度も撮影者が決めて、露出の中の画面にでてますから、ちょうどいい位置に合わせて撮影をするという組み合わせです。

私は、何をお勧めしたいかというとここですわ、ここ、A絞り優先オート。A(Av)に設定したらもう動かさくていいんじゃないかと思ってます。それくらい、ほとんどの方が自動的に取れてきれいな写真が撮れるという設定ではないかなというところです。

>>文章の続きは、こちらで公開しております。
「一眼レフ・ミラーレス写真上達方法(2)スカイツリーと自分を撮るとき。絞り値の調節法。」
———————————————————————————————-

講座詳細

▼フォトマスター検定2級講座

http://www.elearning.co.jp/user/resp-ui/scoList/0/0/2274/1099/

▼フォトマスター検定3級講座

http://www.elearning.co.jp/user/resp-ui/scoList/0/0/2274/1098/

▼大岩先生の講座(家電アドバイザー特設ページ)

http://elearning.co.jp/?page_id=28816

eラーニングのことなら何でもお気軽にご相談ください

株式会社キバンインタ―ナショナル http://www.kiban.jp/
メール:international@kiban.jp

Fcaebookページでも情報発信中!

「eラーニングをすべての人に!」
株式会社キバンインターナショナル KiBAN INTERNATIONAL CO.,LTD.
Web : http://elearning.co.jp
E-mail : international@kiban.jp
担当:kobayashiseira