- 【eラーニングポータルサイト elearning.co.jp】eラーニング専門企業(株)キバンインターナショナル - http://elearning.co.jp -

【カメラシャッタースピードの使い分け/噴水・運動会・電車・F1のシーン】~フォトマスター検定3級講座より

―――――――――――――――――――――――――――――――
(※ここより、動画内容をそのまま文字にしています)

そしてカメラのシャッタースピード。ちょっと別のところでしぼりの話をさせて頂きましたが、シャッタースピードもいろいろ設定できます。

まあ今は1/4000秒が一般的ですが、まぁこの1/2、1/4、1/250、1000分の1というのはありますが、あのシャッタースピードはどういうときかというと、このような噴水をパッと撮って、この水滴が散っているのスパッと取るには1000分の1とか1/4000で取らなきゃいけないです。

ただわーっとちょっとなが流れるような線を作りたかったら1/60とかね緩いので撮るとサーっと流れるようなシャッタースピードになります。

ただ1/60秒より遅くなるとブレますから、手ぶれが起こるので三脚がないとね駄目ちゃダメなんですけれども、

まあそのようにちょっとねに糸みたいな流れる感じを作りたいのか、スパッとその瞬間取りたいのかがシャッタースピードの主な設定です。

動くものなんかはシャッタースピードの設定、電車とかね運動会あとは何だろうな動くもの、F1とかね、そういったものはシャッタースピードを早くないといけないです。

―――――――――――――――――――――――――――

講座詳細

▼フォトマスター検定2級講座

http://www.elearning.co.jp/user/resp-ui/scoList/0/0/2274/1099/

▼フォトマスター検定3級講座

http://www.elearning.co.jp/user/resp-ui/scoList/0/0/2274/1098/

▼大岩先生の講座(家電アドバイザー特設ページ)

http://elearning.co.jp/?page_id=28816

eラーニングのことなら何でもお気軽にご相談ください

株式会社キバンインタ―ナショナル http://www.kiban.jp/
メール:international@kiban.jp