eラーニングコンテンツ

【読むeラーニング】電気工事士試験 コイル回路 インクダンス

電気工事士講座

第1種電気工事士試験に20日間で合格講座365日キャンペーン価格29,300円(税込)※テキストはpdfファイルです。※キャンペーン価格は終了しました。
【今すぐ購入する】
第二種電気工事士試験に10日間で合格講座365日間6,300円(税込)
【今すぐ購入する】
第二種電気工事士技能試験対策講座365日キャンペーン価格6,800円(税込)※キャンペーン価格は終了しました。
【今すぐ購入する】
 


コイルの回路ですね、コイルの回路で覚えておかなければいけないのは、先ほども出ましたが電圧に対して電流がこちら側にありますよ、こっちが遅れてますよ、ということなんですね。
それからもうひとつは、Lという記号を書きますがインダクタンスと言います。
この単位も覚えておきましょう。
インダクタンスの単位はなんですかというのを選ぶ問題も出ております。
このインダクタンスというのは、コイル固有の定数と考えればいいでしょう。
実際にはコイルに交流を流しますと、ここでの電圧、コイルの電圧というのは誘導起電力、つまり電圧が発生するんですね。
電圧降下、エネルギーを落とすんじゃなくて、起電力と逆方向ん電圧が発生するという現象が起こるわけです。
ただし、それにはあまりこだわらなくても、取り扱いとしては電圧降下と同じ、つまり起電力と同じだけの電圧が発生しますので、取り扱いとしましては電圧降下と同じです。
その時の誘導起電力が、電流に比例しますよ、電流の変化量に比例するんですがね、正式には。
その定数がインダクタンスと呼ばれています。
インダクタンスL、単位がヘンリー、これしっかり覚えてください。

Fcaebookページでも情報発信中!

「eラーニングをすべての人に!」
株式会社キバンインターナショナル KiBAN INTERNATIONAL CO.,LTD.
Web : http://elearning.co.jp
E-mail : international@kiban.jp
担当:記事