eラーニングコンテンツ

【読むeラーニング】電気工事士試験 位相 コイル

電気工事士講座

第1種電気工事士試験に20日間で合格講座365日キャンペーン価格29,300円(税込)※テキストはpdfファイルです。※キャンペーン価格は終了しました。
【今すぐ購入する】
第二種電気工事士試験に10日間で合格講座365日間6,300円(税込)
【今すぐ購入する】
第二種電気工事士技能試験対策講座365日キャンペーン価格6,800円(税込)※キャンペーン価格は終了しました。
【今すぐ購入する】
 


コンデンサコイルの位相の関係の覚え方ですが、コイルというのは金属をらせん状に巻いたものですから、らせん階段のイメージで覚えていただければいい。
らせん階段を電流が降りる、くるくる回りますから時間かかりますでしょ。
ですから電流が遅れておる、位相のはなしですよ、位相が遅れている。
逆にコンデンサは、コンデンサの記号っていうのは横棒を引いてるってやつですね。
ここに点線入れましたのは、これエレベーターに見えませんかっていうことです。
エレベーターに電流が乗って降りる。
じゃあ速く降りれますよね。
そこでコンデンサは電流が速い、あるいは進むという表現になります。

Fcaebookページでも情報発信中!

「eラーニングをすべての人に!」
株式会社キバンインターナショナル KiBAN INTERNATIONAL CO.,LTD.
Web : http://elearning.co.jp
E-mail : international@kiban.jp
担当:記事